一生趣味探し

基本3日坊主のど素人いうらがいろんなことをやってみるブログです。

青森旅行行ってみた( 3 )~十二湖編~

 

f:id:iurasan:20190523110002j:image

 

さて最終章です。

 

不老ふ死温泉から出ているバスに乗り、『 十二湖 』へ行ってきました。

 

森の物産館キョロロという所で地図をもらいいざ出発。

 

f:id:iurasan:20190523143608j:image

 

ん?

この地図を見ると湖が12個以上ありますよね?

 

どうやら本当は湖沼は全部で33あるそうです。

 

じゃあ本当は三十三湖では?

 

どうやら展望台から見ると小さな池は森の中に隠れてしまいよく見えないそうです。

 

そこから見えた大きな池の数が12個だったらしく、十二湖と呼ばれるようになったと。

 

なるほど。

 

でも本来33個もあるだけあって、散策をしてる最中常に近くに池があった気がします。

 

どの池もすごくきれいでした。

 

f:id:iurasan:20190523145021j:image
f:id:iurasan:20190523145017j:image

f:id:iurasan:20190523145313j:image

 

緑ですね。

 

ちょっと歩き疲れたので十二湖庵という茶屋さんでひと休み。

 

お店の人が無料で抹茶を出してくれました。

 

f:id:iurasan:20190523145227j:image

 

きれいな景色の所で飲む抹茶は格別です。

 

そして本命の青池へ。

 

f:id:iurasan:20190523145532j:image
f:id:iurasan:20190523145540j:image
f:id:iurasan:20190523145528j:image
f:id:iurasan:20190523145544j:image
f:id:iurasan:20190523145536j:image

 

一切画像の加工をしていないのにこの鮮明なきれいさ!神秘的さ!

 

驚きました。

 

吸い込まれそうなほど美しかったです。

 

まだ見たことがない人はぜひ行ってみてください。

 

 

 

 

 

 

青森旅行行ってみた( 2 )~不老ふ死温泉編~

 

f:id:iurasan:20190523101054j:image

 

さて『 不老ふ死温泉 』編です。

 

実は前回の鶴の舞橋から移動する時に、電車が途中の駅から動いてないというアクシデントが。

 

なん···だと··· (´^p^`) ← あたしの調べ不足 

 

とりあえず不老ふ死温泉へ電話してみました。

 

そしたら、なんと親切なことに、ちょっと離れた駅まで迎えに来てくださると!

 

今日突然電話をしたというのになんて素敵な対応なんでしょう!

 

感動しました。

 

何はともあれ無事到着です。

 

そしていざ温泉へ。

 

1度施設内の大浴場で体を洗ってから着替えをし、外の露天風呂に行くという初めて体験するシステムでした。

 

温泉は混浴と女性用の2つがあり、心もとない程度の仕切りがあります。

 

※ 女性の方は受付で混浴用のワンピースを借りることができるのでご安心を!

 

不老ふ死温泉は含鉄泉らしく少し鉄の匂いがしました。

 

また酸化しているそうで、よく言えば黄金色、正直言えば黄色目の泥水っぽい色? ( ごめんなさい ) でした。

 

でも?景色は最高!!

 

日本海と夕焼けを見ながら入ったのは初めてです。開放感ハンパない···。

 

青森県深浦町の夕陽は沈む時にジュッと音がすると言われているらしく『 日本の夕陽百選  』にも選ばれているそうです。

 

f:id:iurasan:20190523104059j:image

 

きれいですね。

 

温泉自体で撮影は禁止なので離れたところで撮りました。

 

露天風呂に入れるのは日の出から日没までだそうです。

 

もし行かれる方がいるのであれば、日没の時間はすごく混むので少し早めに入るといいかもしれません。

 

そして夕飯は大広間で。

 

f:id:iurasan:20190523104618j:image

 

ボリューミー!豪華!おいしい!

 

こちらもまた最高でした。

 

食べたことのない海鮮料理や、おそらくここで作ってるお豆腐、深浦の人参ジャム?がかかったヨーグルトなど本当においしかったです。

 

ここに来て久しぶりに自分リフレッシュできてるなって感じました。

 

次回!十二湖編!

 

 

青森旅行行ってみた( 1 )~鶴の舞橋編~

 

f:id:iurasan:20190522082254j:image

 

お久しぶりです。いうらです( ˘ω˘ )

 

ちょっと前に青森県北津軽郡鶴田町廻堰大沢にある『 鶴の舞橋 』へ行ってきました。

 

f:id:iurasan:20190523095428j:image

 

鶴の舞橋とは、津軽富士見湖に架けられた300mもの日本一長い木の橋だそうです。

 

f:id:iurasan:20190523095409j:image

 

結構アーチ型。

 

木でできているからか、なんとなく鉄の橋より温かみがあったような気がします。

 

f:id:iurasan:20190523094702j:image

 

バックに岩木山が見えるのもとても乙です。

 

この山を背景にした橋の姿が、空を舞う鶴の姿に似ていると言われているそうです。

 

そのことからか、橋を渡ると長生きできるらしい。

 

あたしも長生きできるかな?

 

次回!不老ふ死温泉編!

 

 

 

クリスマスリースを作ってみた

 

f:id:iurasan:20181124231621j:image

 

 

そろそろクリスマスですね。

ということで今回はクリスマスリースを作ってみました 🥀

※ いうらは知識なしのど素人なのであしからず( ˘ω˘ )

 

【 材料 】

f:id:iurasan:20181124232231j:image

写真の物は全て100均で購入しました!

+家にあったリボンとベル

 

【 作り方 】

  1. 飾りをリースに軽く乗せ全体像を決める
  2. 全体像の写真を撮りそれを見ながらワイヤーで付けていく
  3. ワイヤーの見えている部分に飾りを足したりしてワイヤーを隠す
  4. リボンとベルを付けバランス調節

 

以下写真付き ☟

 

 

〈 飾りをリースに軽く乗せ全体像を決める 〉

f:id:iurasan:20181124234012j:image

ざっくりこんな感じに置きました!

ちょっとでも動かせば崩れちゃう程度に。

 

〈  ワイヤーで付けていく 〉

f:id:iurasan:20181124234702j:image

飾りの位置を決め、抑えながらワイヤーで止める。

f:id:iurasan:20181124234718j:image

表はこんな感じで、

f:id:iurasan:20181124234849j:image

裏はこんな感じ。

f:id:iurasan:20181124235007j:image

あとはどんどん飾りを重ねていきます。

f:id:iurasan:20181124235056j:image

松ぼっくりも。

f:id:iurasan:20181124235039j:image

リースにくっつける前に

合体させておいた方が楽そうなのは

こんな感じでまとめておきました。

 

〈 ワイヤーを隠す 〉

ここからはひたすらにワイヤーの見える部分に

飾りを足したり飾りの角度を調節したりして隠していきます 笑

 

〈 リボンとベルを付け整える 〉

実際にリボンを付けてみたら

長すぎたのかバランスが微妙になってしまったので

ちょっと短めに調節してあげて、

f:id:iurasan:20181124231621j:image

はい!できあがり!

 

 

【 感想 】

初めてのわりには上手くできのでは!( 自画自賛 )

今回はワイヤーだけで飾りを付けてみたけど

もしかしたら仮止めはワイヤーでやって

本止めはグルーガンでやった方が簡単かも?

季節ごとにいろんなリースを作ってみようかなって思えるくらい面白かったです ( ´ー`)

あと材料を適当に買ってから

全体像を決めて作り出したので

材料がたくさん余ってしまいました、、笑

なのでクリスマスインテリアもう少し作る予定です(^O^)

 

 

 

 

 

『 スマホを落としただけなのに 』感想

 

f:id:iurasan:20181120074334j:plain

 

あらすじ

 

話は主人公の麻美の彼氏がスマホを落としたことから始まる。

そのスマホを拾ったのが

運悪くも連続殺人鬼で狡猾なハッカーだった。

麻美はその男にターゲットにされてしまい

徐々にSNSやインターネットを監視され追い詰められていく。

 

 

 

 

 

 

⚠️  以下ネタバレを含む感想です

 

 

 

 

 

 

 

率直な感想としては

 

え、、、、こわっ、、、

 

でした 笑

 

今の時代大半の人がスマホを持っているだけに

誰が麻美と同じことになってもおかしくないですよね。

 

自分でスマホを落として情報が漏れてしまうなら

自業自得な気もします。

 

でも今回落としたのは彼氏の方。

 

人のスマホからあんなにも他人の情報がわかってしまうなんて

ほんとにゾッとしますね。

 

あとなりすましも怖かったなぁ。

 

被害者のスマホを持っていれば

声を作って電話もメールもできるし

スマホを持っていなくても

知識があればアカウントを乗っ取れる。

 

世の中便利になってきて

懐かしい人や実際に会ったことのない人と

簡単に交流ができるのはすごく素敵なことだけど

こういうサイバー犯罪が増えるのは怖いです。

 

主はよくスマホを落とすので気をつけます( ´⚰︎` )

 

最後に!

 

脚本はDEATHNOTE去年の冬、きみと別れ大石哲也さん

監督はリングの中田秀夫さんが担当したそうですね!

 

これはおもしろいはずです ( 納得 )

 

小説はあまり読まないので詳しくないのですが

読んでみたくなりました!

 

 

はじめまして!

 

どうもいうらです。

 

あたしの趣味ってなんだろ?

 

っていう考えからこのブログを作ろうと思いました。

 

自分の興味あるところから視野を広げていけたら

すごく楽しいんじゃないかなと思ってます。

 

知識も経験もないところから始めることばかりだと思うので

温かい目で気軽に見てください( ˘ω˘ )

 

とりあえず今はブログのやり方が分からなくて困ってます ☜